トラブルの元が我が家だと因縁をつけられました

 

2年前の秋、私たちはある町に引っ越しました。

 

我が家では猫を一匹飼っています。

 

完全室内飼いで、あまり鳴かないとてもいい子です。

 

引っ越し先はマンションで、もちろんペット可物件。

 

周りのお宅もペットを飼ってらっしゃる方がいました。

 

ところが、私たちの猫に文句を言うご近所さんが現れたのです。

 

あいてはおそらく50代後半の女性。

 

同じマンションの住人の方でした。

 

彼女曰く、鳴き声がうるさくて眠れない、そこかしこに糞をして回るなどです。

 

私たちは戸惑いました。

 

私たちの猫は外出などしないからです。

 

もちろんその説明をしましたが、「出ていくのをこの目で見た」とまで言われました。

 

当時、マンション周辺には野良猫が何匹か住み着いていたので、実際に鳴いたり糞をしたりしていたのはその猫たちだろうと思われます。

 

大家さんに相談し、一応の解決策(?)をご近所さんに提示しました。

 

まず、我が家(というよりマンションの構造として)人間の出入り口以外に動物専用の出入り口がないことの再確認をしていただきました。

 

次に、大家さんは私が専業主婦で基本的に一日家にいることをご存知でしたので、家にいる間は猫が出ることがないことの説明しました。

 

今まで洗濯物を干すときに猫をベランダへ出していた時もありましたが(この時も猫は脱走など一度もしませんでした)、それもしないことを約束しました。

 

私が、買い物などで外出するときは猫をゲージに入れておくことをお約束しました。

 

最初のうちは、「そんなことを言ってもうそに決まっている」と言われましたが、大家さんがうまく仲裁に回ってくれてなんとかこの解決策でやっていくことになりました。

 

同時に野良猫を愛護団体のかたに引き取っていただき、野良猫もいなくなりました。

 

実際に猫の鳴き声や糞が無くなったけれども、ご近所さんとはお互いになにかギクシャクした関係のままでした。

 

しかし、それ以降直接抗議されることはありませんでした。

 

常識のない近所の人

 

ご近所に住むおばあちゃんがミニチュアダックスを飼っていて、時々外で散歩をしているのを見かけるのですが、犬がしたうんちを側溝の穴に落としているのを見てしまいました。

 

私が見ていたことに向こうは気付いていないようでした。

 

たぶん毎回そうしているようでスコップや袋を持っているのを見たことがありません。

 

また、そのおばあちゃんの運転が雑でとても怖いです。

 

一度、信号待ちで後ろにつかれたときには、少し発信が遅れただけでクラクションを鳴らされました。

 

また、狭い道でむりやり曲がってきたりといつか事故になりそうです。

 

ご近所には幼稚園くらいの子や1才の息子など小さい子がたくさんいるのでもう少し安全運転を心掛けてほしいです。

 

ペット関係のトラブル

まだ声をかけたことはありませんが散歩に出ているときに素知らぬ振りをして外に出たりしています。

 

そうするとやはり目が気になるようでそそくさと家のなかに入ったりしています。

 

しかし、毎回外に出られるわけではないのでいまだに側溝に落としてるのではと思います。

 

これは直接お話しした方がいいのでしょうか…

 

しかし、私の方が後から越してきてのであまり強気ではいけません…

 

運転に関してはもうこちらが気を付けるしかないですよね!

 

子どもと外にいるときはなるべく庭のなかにいるようにして、私道では遊ばないようにしています。

 

しかし、こちらもご近所のお子さんは自転車の練習をしたりしているので、気を付けて運転してもらえるように話をした方がいいのかとなやんでいます。

 

関連ページ

某業者に見積もりをしてみた
某業者に見積もり依頼をした時の体験談です。見積りだけでなく、引越し当日の様子なども一緒にお聞きし、掲載させて頂きました。
引越さないと分からない悩み
下調べでは分からない引越し後のトラブルについてをまとめてみました。対応策や上手く交わす方法もありますので参考にしてくださいね。